サイトメニュー

病院を受診する場合

女性

病院選びのポイントや手順

顔やそれ以外の服から露出する部分にあるほくろを気にしている方は結構多いのではないでしょうか。対応として病院で手術にて除去するという方法があります。大きさ、種類によって処置は様々ですが、一般的には外科的手術によって除去することができます。その際何科の病院、またはどのような病院を受診すればよいのでしょうか。また病院選びにはどのようなポイントがあるでしょうか。科としては皮膚科が一般的です。まずそのほくろについて診察を受け、どのような方法が最適であるかを相談することが大切です。そのうえで除去する手段、費用などの説明を受け納得できる内容であるかを判断しましょう。一般的な皮膚科でも対応している病院が多いですが、保険診療に該当しない場合も多いです。その場合は自費にて治療を受けることになります。また美容皮膚科、美容外科では自費診療にてほくろの除去を行っている病院が多くあります。処置後の仕上がりなどより詳しい説明がなされることが多いので、このような病院を選択するのもよいでしょう。手術によってほくろを取り除く場合、程度は様々ですが、跡が残る可能性も高いです。箇所や大きさによってはほくろを取ることによって、逆に目立つ傷跡が残ってしまうこともあります。仕上がりについてしっかりと説明をしてくれる病院を選択するとよいでしょう。その他立地、希望があれば女医さんがいる病院など病院選びの基準はそれぞれですが、自分の希望に合った治療を受けることができるかは、直接病院へ確認してから受診するとスムーズです。病院にて除去する際の手順について説明します。まずほくろの種類を診断するために受診をしましょう。一般的にほくろと思われているもののなかには、シミであったり、皮膚腫瘍がまぎれていることがあります。そのような場合は簡単な手術で除去できない場合があるので、まずはきちんと診察を受けることが大切です。希望する病院へ対応が可能か確認してから受診しましょう。小さなクリニックなどでは対応していないこともあります。除去可能なほくろであると診断された場合は、処置の日程を決めます。一般的に外来の日帰り手術で除去する場合が多いです。その場合局所麻酔という注射による麻酔を行います。アレルギーがない確認しましょう。歯医者で使用する麻酔を同じなどで、使って問題のなかった方は心配ありません。家族に麻酔に対してアレルギーがある方はそのこともきちんと伝えましょう。問題がなければまず注射にて局所麻酔を行います。注射は痛みがありますが麻酔が効いてしまえば処置自体の痛みはほとんどありません。麻酔の効果が十分確認した後、メスにてほくろを除去します。大きさによってはパンチ型のメスでくりぬいて切除することもあります。切除後は皮膚を縫合します。小さなほくろの場合縫合しない場合もありますが、よりきれいな仕上がりのためには縫合したほうがよいです。手術後の傷跡がどの程度残るかの説明をきちんと受けてから手術に臨みましょう。体質によってはケロイドという跡が残りやすい方もいるので注意しましょう。処置を受けた後は刺激や日焼けを避けることで、傷跡が残るのを防ぐことが大切です。