サイトメニュー

綺麗に取り除こう

診察

特徴を知ろう

ほくろが出来た場合、そのまま放置しておいても良いのですが除去してしまうという選択肢ももちろんあります。その際やってはならないのは自分で取り除くということで、中には引っ掻いたりけずったりして取り除こうとする人もいますが、危険です。また傷跡が残ってしまう事もあるので、自分で取り除こうとするのではなく、病院に行って除去してもらう方が安全です。とは言っても、ほくろは絶対に取り除かなければならないというわけではないので、取りたいと思ったら病院で取ってもらうという事も出来ます。気になる部位に出来たら病院に行って除去し、気にならない部位、服で隠せる部位であればそのまま放置しておく事も可能です。さらにほくろは一般的には何も問題が無いのですが、中には悪性の腫瘍となっている可能性も無いわけではありません。小さくて境界線がはっきりしている場合はそれ程心配する必要はありませんが、境界線が不明瞭とかの場合はもしかしたら何らかの疾患という可能性もあります。病院では患部の状態をみたりして検査をし、放置しても良いのか悪性の腫瘍なのかを判断してもらう事も可能です。勿論そこで腫瘍だと判断されたら、その後は適切な治療を受ける事も十分できるので、腫瘍の早期発見早期治療にもつながります。したがって、ほくろ除去で病院を利用する場合、気になる時や心配な時に活用するという方法があります。もちろん気になるかどうかに関係なく、自分が取り除きたい時にも活用する事が出来るので、自分に合わせて活用するかを決める事も可能です。ほくろ自体は肌の表面に出来ているものと、皮膚の下の組織の部分も色が付いている場合の2種類に大きく分ける事が出来ます。勿論どちらも除去は可能となっているのですが、両方とも同じ方法でアプローチするわけではありません。それぞれの状態に合った方法を検討し、できるだけ目立たないようにするにはどうすれば良いかを考えて手術法は選ばれています。現在ではレーザー治療だけでなく電気メスを利用する方法等もあり、利用した病院によっても選べる方法も違ってくる場合もあります。ただほくろは目立つ部位に出来ているとその人の見た目を左右してしまうだけでなく、もしかしたらガンの可能性も否定できません。例えば急激にサイズが大きくなってきたとか、境界線が不明瞭でぼやけている時等はもしかしたらガンという可能性も出てきます。勿論取り除けば問題はない場合も結構あるので、気になるものある場合は取り除かなくても良い部位に出来ていても病院に行く方が無難です。またほくろ除去自体はいつのシーズンでも出来ますが、紫外線の影響を考えると冬が最も良いシーズンと言えます。またほくろを除去する部位によっては、その後春先位までは除去に適したシーズンだと言われる事も少なくありません。冬に比べると春の方が紫外線は強いのですが、花粉症の人はマスクを着けている事も多いので、マスクで紫外線をシャットアウトできるからです。したがって口周りに出来たほくろの除去は冬場だけでなく春先でも傷跡が残ってしまう事を気にせずに取り除く事は十分可能です。